編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

RadiationSensorsLink - *ガイガー-ミュラー管(主に市販)や放射線のセンサー

目次

ガイガー-ミュラー管(主に市販)や放射線のセンサー


ガイガー・ミュラー管

比例計数管モード

カウント数(cpm, cps)から線量(Sv/h)への換算

特性

市販のガイガーミュラー管

型番のメモ。仕様、入手性などは未検討。

販売情報

目にとまったもののみ。 各販売店のサイトについては

ガイガーミュラー管自体の自作

711 :774ワット発電中さん:2011/05/21(土) 03:43:08.15 ID:0FPrW2tE

GM管自体を作ってみた。 プラスチック製メスシリンダーにブタンガス、マイカで蓋してホットボンドで密閉。 電極は裁縫用針とステンレステープ丸めたものスズメッキ線で適当に固定。 注射器とビニールホースで減圧し、冷陰極用高圧インバーターとコッククロフトで3倍電圧。 放射線源はマントルとTIG溶接棒Tr2%のφ2mm。 検出はUSBスピーカーのプラグ直結でパチパチ音。

高抵抗は50MΩか100MΩを+極に入れて、−極は1MΩ。 放電音を聞きながら注射器減圧で管内気圧を連続放電しないところで調整。 ホースをクランプで直接はさんで減圧状態を維持。

マントルを近づけると20cpm程度で放電も目視で確認できた。 密閉状態は良好だがブタンガスの消耗で短時間しか安定せず。

ここまで工作レベルで確認したところで、放射線測定用のCH4-Arガスやマイカ板、逆止弁などの 資料請求していたけど、PD式検出器をスマホで表示を見るに、GM管はメリットがあまりないと気がついた。

秋月のGM管を運良く買えたので、冷陰極用インバーターで試したらスペック通りに安定している。 BGで2〜5CPM(東京江東区室内)でTIG溶接棒至近距離だと1.5μS/h程度で安定する(GAMoVのアプリにパチパチ音計ってもらったw)。 α崩壊でも変換されたγ線検出させることで測定できる事を確認。

次はPD式やろうと思うけど、秋月に売ってるPDとOPアンプでやってうまくいった人いる?

GM管以外の検出器

PIN フォトダイオード

未検証、型番のメモ。

シンチレータ

シンチ関連の入手先はこんな感じかな。 他にも情報が在れば知りたい。 > <PMT> eBayで出物待ち ▲▲バの商社(株)JUPA経由で浜ホトから新品買い。 > <高圧電源> ー作 http://www.beeresearch.com.auのGS-1100Aとか I優曠箸嚢皸掬展刺佞PMTを買うとか > <MCA> ー作 PCの音声入力+MCAソフト > <結晶> 真っ当なルートだと  ̄用光研工業:個人でも対応してくれそうな感じ ▲汽鵐乾丱(株)クリスタル事業部:個人でもきちんと社印入りの見積り書を出してくれた (株)ルミックス:メールで返事有り、中国メーカへ問い合わせ中 ぅ検璽謄奪:まだ未確認 http://www.aliexpress.comでScintillatorで検索すると怪しげな会社が引っかかってくる。まだ未確認 現実的なルートとしてはeBay, ヤフオクで出物待ちかな。 > <Cs137等の泉源> 日本に出荷してくれそうな所を色々探してみたけど下ぐらいかな。 http://www.imagesco.com/geiger/radioactive-sources.html 日本アイソトープ協会のは馬鹿高いし個人に売ってくれるとは思えない。


(2011/6/5)